So-net無料ブログ作成

音楽宅急便 [いっちゃんのこと]


先日、ちょっと素敵なコンサートに行ってきましたよ。

音楽宅急便「クロネコファミリーコンサート」宅配便でお馴染みのヤマトホールディングズ主催。

詳しくはこちら → http://www.yamato-hd.co.jp/csr/concert/index.html
演目、出演者詳細はこちら →   


このコンサート、毎年10ヶ所の会場で開催され、

オーケストラと、地元の小中学生が共演するのが恒例のようで、

上越では17年ぶりとなる今回、娘が通う小学校が出演校に選ばれました!

我が家のムスメは、合唱部所属。晴れ舞台です。

なんと、新日本フィルと共演、これは貴重な経験!



楽しみ、そしてドキドキ・・・
P1030695.JPG

機材車ってテンション上がるよねぇ!
P1030696.JPG  


会場に入って驚きました。フルオーケストラのセッティング。

失礼ながら、無料招待なのだからもう少し簡素な編成かと思っていたので・・・

いよいよ気持ちが高まり、開演です!

新日本フィルハーモニー交響楽団を指揮するのは、飯森 範親さん。

山形交響楽団の常任指揮者であり、音楽監督でもあります。



演目

1 剣の舞(インターネットでのリクエスト1位)
2 (オーケストラを指揮してみよう)ビゼー:歌劇「カルメン」前奏曲
3 ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
4 宮川彬良編:「唱歌」春・夏・秋・冬
5 (音楽物語)デュカス:魔法使いの弟子
6 ラヴェル:ボレロ


オープニング・・「剣の舞かぁ・・」なんて思ってしまって、ありきたりだな・・と。

いやいや、失礼しました!最初の音を聴いた瞬間、ものすごく高揚しました。

このところずっと、クラシックはCDで聴くものになっていて・・

生で聴くオーケストラの音は、やはり迫力があって格別。


「カルメン」前奏曲の演奏後は、会場の希望者をステージに上げ、

フルオーケストラの指揮を体験するコーナーで、和んだ雰囲気に。

子供たちがしっかりしていて物怖じしないのには、驚きました。上手でした、指揮。


「運命の力」序曲は、歌劇と序曲の関係についての解説付きで、

なじみの無い曲が理解しやすく、初心者にはありがたかった^^

普段オーケストラの演奏に触れる機会が少ない客層にも、敷居は低く、

雰囲気はカジュアルながら、演奏は一流。

気負わずに楽しめる、いいイベントですよね。



休憩を挟んで、いよいよオーケストラと合唱団の共演。

ムスメたちの小学校を含む、小中4校、総勢120数名の合唱団が整列。

ムスメを探すのですが、見当たらない・・と焦っていたところ、なんと舞台袖から登場。

ものすごく強張った怒った顔でインタビューを受けていて、

途中で目があったら睨まれました^^;なるべく顔見ないようにした(笑)

(「あんな前にいると思わなくてビックリした、ものすごく緊張した」とのこと)



宮川彬良さんがコンサートのために編曲した唱歌の組曲は、懐かしい曲ばかり。

(♪春のうららの隅田川・・「花」とか、♪村の鎮守の神様の・・とか)

驚いたことにムスメはこれらの曲を殆ど知らず、家で言葉の意味を教えた事も。

短い時間で多くの曲を必死で覚え、練習して、一日中歌っていたっけ・・・

演奏は素晴らしく、子供たちの歌声は思った以上に感動的で、

不覚にも涙が溢れて止まらなくなりました。

合唱部、この夏は色んな事があったのです。思い出がいっぱい。

組曲の最後は「ふるさと」で、素敵な編曲が施されて感動のエンディングでした!


コンサートは、「魔法使いの弟子」(ディズニーでおなじみの^^)へと続き、

最後は「ボレロ」の演奏。

会場には小さなお子さんも多く、最初の繊細な演奏が邪魔されないか気がかりでしたが、

声をたてることもなく、会場が一体となって集中して聴いている感じで・・

すごくいい雰囲気に包まれていて、心地よかった。

演奏は各パート素晴らしく、特に木管よかったなぁ・・大満足でした!


コンサート自体が滅多に無い機会なのに、自分の子供がそこに参加できるなんて。

なんというタイミングでしょう、何に感謝していいのか・・でもとにかく感謝!です。

本当に楽しいひとときでした。






  


nice!(13)  コメント(19) 

夏のおもひで 2011 [日記]


♪台風が行く頃は涼しくなる~

とはいいますが、寒暖差激しすぎる今日この頃です。

前の台風で打撃を受けた地域が、また被害を受けている様子は、気の毒でなりません。

今回の台風も相当強い勢力のまま、日本列島を舐めていくようですね。

帰宅途中など、くれぐれもお気をつけ下さい。



さて、夏の間に撮った写真で、記事にするほどでもないのが溜まったので、

ちょっとまとめてみました。


ウォーキング途中で見つけた
P1030609.JPG

おおお
P1030605.JPG

ふっと見上げたら、鈴生りで驚きました(笑)
今年はひときわ蝉の声が大きく感じましたわ。なかなか過酷な暑さでしたね。



そんな夏でも、実家は涼しい
P1030631.JPG

家の裏に川が流れていて、朝晩涼しい風が吹くのです。
今年はよしずを下げて、ますます涼しい朝^^
よしず越しの朝日とアサガオです。



睡蓮鉢にメダカがスイスイ^^
P1030628.JPGP1030660.JPG



誕生日のおやつ
P1030648.JPG

シトラスの、甘酸っぱいケーキ。
ホールだと食べきれないので、カットので。
子供の頃って、夏はあまりケーキの種類が無かった記憶があります。
プリンアラモードみたいなのを、誕生日に買ってもらっていたような・・



今年の夏は、義父の新盆で納骨がありました。

義弟一家とゆっくり過ごす機会があって、知らなかった義父の思い出を聞いたり・・・

亡くなったのが震災の前日だったので、その後の生活の話も。

(千葉在住なので・・葬儀後家に帰ってみたら周囲は大変な有様だったそうです)

母が病気をして一年経って、親が歳をとるということを、あらためて考えたり。

小さい子供たちを育てながら、離れて暮らしている妹を想ったり。

「家族」とか「血縁」というものをすごく意識する事が多かったように思います。



皆さんは、どんな夏を過ごされましたか?






nice!(17)  コメント(18) 

100歳おめでとう!高田世界館 2011.9.10 [音楽]


わが町が誇る「現存する日本最古の映画館」高田世界館が今年の11月で100周年を迎えます。

世界館ってこんなところ → http://www.baba-law.jp/sekaikan/index.html


レトロ・・
P1030668.JPGP1030670.JPG


今回の催し物
P1030666.JPG


「祝百歳!高田世界館 ピーター・バラカンの出前DJ at高田世界館 Vol.4(9/10)」
20110910_1[1].jpg

ピーター・バラカンさんが、こんな片田舎に出前DJに来てくださるのも4回目。

100周年の記念として、今回(9月10日)は特別な構成でした。

1部がピーターさんのDJ、

2部が、ワタシが敬愛してやまない、小坂忠さんとの対談、

そして3部は、小坂忠さんのライブ!!なんて贅沢なんでしょう・・・



2階席を見上げてみる・・・ちょっとそわそわしながら
P1030674.JPG


バラカンさん登場
P1030676.JPG

ミネラルウォーター、アイスミルクティー、i-Pad(前はi-Podだった)、あと使い込んだ紙袋をぶら下げて(笑)登場。
ものすごく普段着w飾らないお方なのだ。「JERRY GARCIA」って書いたTシャツをお召しになっている(グレイトフル・デッドお好きなのかしらん?)

今回のお題は「ニューオリンズ」。アメリカ南部の音楽は、いつも聞いている山下達郎さんのラジオでもよくかかるし、絶対好きなジャンルなのですが・・いかんせんディープすぎて、何から入って行けばいいのかわからなくって・・
いい機会です、楽しみ^^


一人静かにノリノリなバラカンさん^^
P1030677.JPG

うん!やっぱり格好いいぞニューオリンズ!
聴いた事がある曲も、初めて出会うミュージシャンも、やはり好きな音たちで・・はまってしまいそう・・いや、はまった!
バラカンさんは、曲に合わせて足でリズムをとるんだけど、ノッてくるとエアピアノやエアギター、エアベースが出て^^本当に音楽がお好きなんだなぁ・・まるで少年です。

バラカンさんが紹介されたミュージシャンでは、Dr. John(ドクター・ジョン)、LEE DORSEY(リー・ドーシー)、 THE METERS (ミーターズ)などが気になり、さっそくCD手配です。後日ご紹介しますね!
我が家でベアさん所有のレコードも取り上げられ、そうか・・あれもニューオリンズか・・なんて再確認したり。これからあらためて、ちゃんと聴いてみようと思った次第です。
とても有意義でございました^^




さあ!いよいよ忠さん登場!

いきなり、階段でちょっとコケて、照れ隠しに「シニアだからさぁ~~」と。


仲良さそうなお二人、楽しそうです^^
P1030678.JPG

バラカンさんは、来日された当初日本の音楽も熱心に聴き漁ったそうで、小坂忠さんの作品を聴いて「なんていい声、いい曲、いいボーカリストなんだろう!」と、驚かれたそうです。
お二人は、バラカンさんのラジオ番組に忠さんがゲスト出演されて、対面を果たし意気投合。
今回の素晴らしい共演につながったのです。

しばらくシニアの話(笑)
(忠さんが、「65歳になると、飛行機国内ならどこでも1万円で行けるから、どうせなら早くなりたい」とか・・(笑)そんなプランあるんですね!)
そして、お互いの音楽的ルーツの話に・・・
あらかじめ忠さんが何曲かピックアップし、その曲をかけつつバラカンさんが解説を加える・・
忠さんが歌うきっかけになった、レイ・チャールズをはじめ、お二人が影響を受けた音楽は驚くほど共通していました。
忠さんが育った家には、10代後半までレコードプレーヤーがなく、FENで海外の音楽に親しんでこられたそうですよ。

忠さんは、「できたらずっと喋っていたい」などと・・(笑)
が、しかし、さすがはラジオベテランのバラカンさん。腕時計を見ながら曲をフェードアウトしつつ、きっちり時間内に収めます。
休憩を挟んで、いよいよ小坂忠さんのライブです!




待ちに待ったライブ、今日も忠さんはTaylerのギター
P1030680.JPG


1曲目はこの曲。

What a Wonderful World


どうです、素敵な歌声でしょう?会場はあたたかい空気感に包まれます。
幸せだ・・・


演奏曲
1.What a Wonderful World
2.サヨナラCOLOR(SUPER BUTTER DOGのカバー)
3.機関車
4.ほうろう
5.ありがとう
6.からす
7.I Believe in You
8.ハーモニー
9.勝利者
10.Sailing
アンコール
・夢を聞かせて


10月3日追記

ながらく不完全だったセットリストですが、ライブの映像をいただいたお陰で、無事補完できました!




忠さんは、教会の牧師でもあり、ゴスペルのレーベルも立ち上げておられます。
3月11日の震災後は、東北地方の教会を中心に支援活動とチャリティーコンサートを精力的に行っており、その際のお話もされていました。
「宮城、岩手には何度も足を運んではいるものの、今のところ福島へはまだ行けないでいる。それが気がかりでならない、きっと行く。」
「音楽になにができるのかと最初は思ったが、涙を流して喜んで聴いてくれる人たちがいる。それでいいのだと思う。一瞬でも明るい気持ちになってくれたら、それが音楽の力。」


海外でも演奏活動をされています。

I Believe In You


2011年7月27日、パリ・プロテスタント日本語教会で行われた小坂忠による日本のためのゴスペル・チャリティ・コンサートの模様です。集まった募金合計1079.06­ユーロは、東日本大震災救援キリスト者連絡会へ活動支援金として寄付されました。(youtube画像に添付の解説より)

ほかの画像も・・http://www.youtube.com/playlist?list=PL70D73BD9EE216AA7



本編最後の曲は、忠さんライブではおなじみの曲「Saling」ロッド・スチュアートのカバー。

http://youtu.be/FbziF5Oxais

あらためてこの曲の歌詞を噛み締めると、まるで賛美歌のようで死生観すら感じます。
忠さんは「I am Saling」を途中から「We are・・・」と歌います。
この曲を会場全員で歌うのが、毎回とても幸せで・・



忠さん、本当に寂しがり屋で、本当は一人でやるライブは嫌なのだそうです(笑)
「早く終わらせたい」などと^^;
前日も、旧知のセンチメンタル・シティ・ロマンスの、新譜発売記念ライブにゲスト出演し、楽屋がものすごく楽しかったそうで・・それで余計に寂しかったみたい(笑)
その翌日に、自分で運転して新潟まで来てくださったんですねぇ・・
タフだなぁ、そしてありがたいなぁ。



今回も、とても素晴らしいライブでした。

歳を重ねる程に声量と艶を増す声と、温かい佇まいは本当に素敵でした。



うれしはずかしの記念撮影
P1030682.JPG



この後、打ち上げと世界館のお誕生祝いをかねたパーティーがあり、なんと忠さんバラカンさんの向いの席でご一緒できたのでした!
お二人とも気さくで、高田という町を好きでいてくださって、本当に嬉しかった。
音楽の話や、忠さんのマジックなど、普通に間近で繰り広げられているのが不思議な感じでした。
そうそう、ベアさんが「あなたは何している人?」って、忠さんに訊かれていたのが妙に可笑しかった(笑)名刺お渡ししていましたよw

「この位の規模の町って、本当にいいね、人間が住むべきところって感じがするよ」
そう、忠さんがおっしゃったのが印象的で、嬉しくて。
また必ず来てくださるそうです。
楽しみにおまちしています!



9月10日は、義父が天に召されてちょうど半年にあたる日。

そして翌日は、世界が大きく変わってしまった日であると共に、

日本という国が大きく変わってしまってから、半年にあたる日でした。

忠さんのあたたかい歌声を、夫と並んで聴きながら、

様々な事に思いを馳せた、そんな夜でした。









nice!(13)  コメント(17) 

庭のバジルでジェノベーゼ [おいしいもの]


下書きして放置シリーズ#2



夏の盛り、庭に植えたバジルがやっと茂ってきて、まとまった量が採れた。

ジェノベーゼパスタが食べたかったので、早速作りました。


虫に食われる前に収穫だー!
P1030644.JPG


最初は人力だった・・・
P1030643.JPG

松の実、ニンニクをペースト状に摺り、さらにエキストラバージンオイル、バジルの葉を加えて・・ペーストにならない^^;葉っぱ手ごわい(笑)
結局プロセッサにお世話に。


ジェノベーゼ作りましょ^^
P1030645.JPG

麺は、ちょっと太めで食べ応えあるリングイネ。
茹でたジャガイモとインゲン(パスタと同じ鍋で時間差で湯でます)が入るのが正統派。
ペーストにはチーズ入れないので、ボウルでおろしたてのパルミジャーノとエキストラバージンオイル、そして出来立てのペーストを混ぜ、パスタの茹で汁でのばしておきます。
茹で立てのパスタを混ぜれば出来上がり、パスタの熱で、バジルの香りがふわぁんと立ちます。
念願の一品、美味しかったです。


お供はトマトサラダ、モッツァレラと
P1030651.JPG



出来立てのペーストは、香りがよくて良い出来でした。

魚や鶏肉のソテーに添えても、美味しいと思います。

バゲットに塗ってトーストもいいですよ。





nice!(13)  コメント(15) 

採れ過ぎトマトで夏のパスタ [おいしいもの]

下書きして放置してたシリーズ#1(笑)



ある日実家からSOS「トマト食べきれない」

早速収穫に駆けつけ、あと食べ切れなくて日増しのトマトも引き取り^^;



どーん!大ザルいっぱい
P1030463.JPG


煮るか
P1030464.JPGP1030466.JPG

皮が固いので、湯剥きして(プチトマト延々と湯剥きはなかなか苦行^^;)
塩少々を加えるだけで、蒸し煮に。


完成
P1030467.JPG

こんな少ししか出来ない・・あんだけ苦労したのに(笑)
ちなみに、アヲハタジャムの大瓶2.5本分までカサが減った、儚いw


パスタにしましょう
P1030468.JPGP1030470.JPG

トマトソースがシンプルで甘くて美味しいので、ニンニク使わずに。
ボウルにトマトソース、エキストラバージンオイル、ちぎったバジル、モッツァレラチーズをまぜておき、茹で立てパスタを和えるだけ。

お供は、カボチャスープ、鯵のソテー(ハーブソルト振ってオリーブオイルで焼いただけ)
それと冷えた白ワイン!



トマトがジューシーで、余熱でチーズがとろけて、美味しかったー^^

しかし、手がかかりました。






鯵でもう一品


nice!(13)  コメント(16) 

居酒屋とりあたま3 夏のお品書き [おいしいもの]


久しぶりに日記書きます。

ちょこちょこ出歩いていたりするうちに、脳みそ夏バテというか^^;

長い文章書けなくなってしまいました、これって「つぶやき病」かしらん?



実家の畑で採れた野菜をはじめ、夏野菜を使ったメニューが溜まってきました。

お蔵入りしないように、一挙にいきます。


ど定番「ゴーヤーチャンプルー」
P1030563.JPG

ゴーヤーは気温が上がって生りだすと、どんどん採れて食べきれない・・・^^;
チャンプルー以外には、ごく薄く切って水に晒し、オニオンスライスと一緒におかか醤油でいただいても美味しい。
あとは、豚肉と一緒に甜麺醤(テンメンジャン)で甘辛く炒めても美味しかったです。


甜麺醤(テンメンジャン)といえば・・「ジャージャー麺」
P1030410.JPG

ウチのは具だくさん。
豚ミンチ、筍とシイタケは粗めのみじん切りで、食べ応えありです。
キュウリはふんだんに使って(お店で食べるとほんの少しですよね)夏らしくさっぱりといただきます。
これは家族大絶賛だったなー^^
余った肉味噌は、冷奴やあったかご飯にも合います。


ど定番「肉詰めピーマン」
P1030529.JPG


ねばねばコンビ「オクラと千切り山芋」
P1030530.JPG

ポン酢でも、梅肉でも、おかか醤油でもいいですね。
つまみにもいいし、あったかご飯に乗っけても美味しい。


「鶏胸肉のハーブパン粉焼」主役は付け合せだったりする^^
P1030533.JPGP1030534.JPG

このパン粉、米粉パンのパン粉でカリッと仕上がります。
ハーブソルトで味付けして、多目のオリーブ油で揚げ焼きに。
付け合せのルッコラ、素揚げにしたバジルは我が家の庭で。
ミディトマトと、オイル焼きの新じゃがは実家の畑で収穫。


頂き物、妙高高原の朝採りとうもろこし、甘い!
P1030595.JPG


「夕顔のあんかけ」
P1030600.JPG

鶏ミンチの団子を茹でて、そのスープを使います。
シイタケ、オクラとあわせて、片栗粉ではなく葛粉でとろみをつけました。
仕上げにショウガの搾り汁をたっぷり入れて、食べる前に軽く冷やす。夏らしい一品になりました。


あんかけもう一品「カボチャの鶏そぼろ煮」
P1030649.JPG

これは熱々で^^やはり、仕上げに生姜を。
カボチャの甘さに、ピリッとした生姜風味がさっぱりしていい。
畑で採れた、皮がオレンジの品種です。


「オクラのぺペロンチーノ」
P1030665.JPG

お浸しや茹でたのに飽きたら、こんなのも^^
ニンニク、タカノツメ、オリーブオイルで炒め、塩少々。
ピリ辛でいけます。
オクラはアフリカ生まれだから、エスニック味も合うらしい。クミンやカレー粉で炒めるのも美味しいそうです、今度やってみよう!



と、こんな感じでした。

夏野菜は、同じ顔ぶれになりがちなので、工夫しないとマンネリになるね^^;

(そういえば、毎日食べていたナスの写真が無いw)

でも、一夏ほとんど野菜を買いませんでした。幸せなことです。






nice!(13)  コメント(20) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます